人生

【注意!ネガティブは危険。】ネガティブループに陥ってませんか?

ネガティブは危険!ネガティブループに陥る危険性あり。

 

ネガティブをイメージさせる画像

 

”今”のあなた
最近、すっごいネガティブ思考が止まらないんだ。朝起きて、会社嫌だな。また、怒られるのかな。って考えちゃうし。夜もあの仕事やり終えたっけ?とか、今日怒られたこと引きずって落ち込んじゃうんだ。
そうなんだ。それは、大変だね。私でよければなんでもきくよ!
絢太郎
”今”のあなた
ありがとう。でも、人に話すの恥ずかしいし、自分で解決できないか考えてみるね。

 

数日後...

”今”のあなた
会社辞めたい。でも、僕みたいな人なにやってもうまくいかないよな。今の会社の不満たくさんあるけど、自分が仕事できないのも事実だし。どうしよ。イケメン犬に相談したいけど、一度断ってるからな。話したら馬鹿だって思われるんだろうな。あいつとはずっとつるんでたいし、カッコ悪いところばっかりみせられないよね。。1人でもう少し考えてみよう。

 

さらに、数日後...

”今”のあなた
ほんと、もういつでも人生終わっていいや。こんなこと考えてるの僕だけだよね。なんか僕悪いことしたのかな。きっと前世で悪いことをしたから現世で償っているのかもしれないな。たぶん、この世界は牢獄だ。みんな気づいていないだけ。みんなその中で楽しいことを精一杯探してる。実は悩んでるのに、逆にそれって辛くないかな?

 

上の悩み犬は昔の私です。

 

完全にネガティブループに入っているこの悩み犬こそ"昔の私”なのです。

昔の私は、ずっと前から人を信じることができない性格でした。実の親でさえ、正直信じられていませんでした。

なんで、こんなループに陥ってしまったのかというと、

ネガティブを止めない。ネガティブな考えこそが私。

と考えていたからです。

 

こういった本があります。

ネガティブな感情が成功を呼ぶAmazonアフィリエイトリンク

↑ネガティブな感情が成功を呼ぶをAmazonで見てみる

 

この考えは素晴らしい考えであると今でも思っています。私もネガティブな感情をたくさん持ち合わせているからこそ、未来の自分は成功できるであろうという自身につながっています。

 

しかし!!

ネガティブな感情はこのままでいい。

と思ってしまう危険性があります。

このような考えをしてしまうと、ネガティブのループから簡単には抜け出せない状況になってしまいます。

 

注意ポイント

ネガティブな感情を肯定してしまうとネガティブループにはまってしまう可能性がある。

 

気楽な会社員
じゃあ、なんでネガティブループが悪いの?

と思う方いらっしゃると思います。ですから、次にネガティブループの恐ろしさについて語っていきます。

 

ネガティブループはまじで危険。ずっとネガティブな感情が襲ってくる。

 

人間たるもの。時にネガティブな感情を抱いてしまうのは仕方のないことです。

ここで、大事なのは、ネガティブな感情の扱い方です。

 

ネガティブな感情を悪いものだとして、ポジティブに変換できる人 → いいですね。続けましょう。

ネガティブな感情を良いものだと思って受け入れる人 → いいですね。じゃんじゃん受け入れていきましょう。あなたみたいな人はなかなかいません!

ネガティブな感情を良いものだと思って放置する人 → 本当に危険です。あなたには常日頃ネガティブな感情が襲ってきます。

ネガティブな感情を良いも、悪いも思っておらず、放置する人 → 本当に危険です。あなたには常日頃ネガティブな感情が襲ってきます。

 

危険性

ネガティブループの危険性は、ネガティブな感情がネガティブな感情を生み、永遠に解決しない"ネガティブ最終形態”に進化することです。

 

例えるとすると、ガンなどの重い病気です。

自分が悪い病気にかかって辛いと思うと、病院にいったり、薬を飲んだりしますよね?

でも、ネガティブな感情が襲ってきた際に、なにもせず放置する人は、

病気になっても、病気にも行かず、薬も飲まず、安静にもしない。

 

そしたら、どうなるのかあなたにもわかりますよね。

 

そう、悪化の一途をたどります。

 

ただひたすらに悪くなっていきます。ネガティブに対して抗体を作ることができず、最悪の場合には、自ら命を絶つことさえあります。

これが、ネガティブループというものなのです。

 

じゃあ、どうやって治すことができるの?

先ほど、例えでだしましたが。ネガティブを病気と例えます。

 

解決法1 病院にいく。(心療内科、お悩み相談室)

風邪ひいたら、まず病院に行くことをかんがえますよね。

ネガティブも悪化したときは、病院に行くという手段があります。

 

私の知人も、仕事が辛すぎて精神的に異常をきたしている時がありました。その時に、病院に行き、処方された薬を飲むことで最近では仕事に支障がない状態まで回復することができています。

病院に行くほどではない。と考えられている方いらっしゃると思います。

しかし、それは間違いであると私は断言します。

 

何度も例えますが、風邪の症状で同じことを考えてみてください。

風邪をひいた時、一時は自力で治せるかな。まだ、病院に行くほどではないな。と感じることありますよね。

しかし、悪化していき、熱もあり、身体もだるいなどの症状になるとさすがにお医者さんに相談しますよね。

 

それと同じです。

ネガティブも自分の身体に異常が見られ始めたら、病院に行ってお医者に相談した方がいいのです。

 

もちろん、身体に異常が見られる前に、お医者に相談するのもありです。

心の病気は、身体の病気と比べて軽視されがちではありますが、軽く考えずに、異常であると、異物であると考える。

本来の自分の姿を取り戻すためには、一刻も早く回復する術を探すべきです。

 

まずは、近くの心療内科を探しましょう。もし、病院に行くのが恥ずかしいということであれば、電話でお悩み相談室がありますので、そちらを頼ってみるのもありかもしれません。

 

解決法2 薬を飲む。(本を読む、筋トレをする、食生活を整える)

 

ここでいう、薬というのは病院や薬局で買える薬をさしていません。

確かに、心療内科などでもらえる薬を飲むことは重要です。

しかし、みんながみんな病院に通える状況ではないことがありますよね。

 

そんなあなた方は、本を読んだり、筋トレをしたり、食生活を改善したりすることでネガティブが回復傾向に向かわせることが大事になってきます。

人生がうまくいく人の感情リセット術Amazonアフィリエイトリンク

↑人生がうまくいく人の感情リセット術をAmazonで見てみる

 

ネガティブ…ケイパビリティAmazonアフィリエイトリンク
↑ネガティブ…ケイパビリティをAmazonで見てみる

 

このように、本を読み知識をつけることでネガティブ思考に陥る際の対処法を身に付けることができます。

また、本を読むこと自体にもストレスを発散する力がありますので、なにかしらの本を読むだけでも構いません。(※しかし、ネガティブな本を読んではいけません。)

 

私が個人的にオススメするのは、ネガティブや、鬱を治す話の本を読むことです。

ストレスを発散しつつ、ネガティブに対する知識を持つこと。の二つを一気に身に付けることができるようになるからです。

 

まず、本を読んでください。

また、本を読むだけじゃなく別のこともできるよ。って方は筋トレ、食生活の改善に取り組んでみてもいいかもしれません。

 

 

このように、ネガティブに対して理解し、正しい対処をすることで、ネガティブループは防ぐことができるようになります。

今の生活から抜け出したい方は、難しいことではなく簡単なことから徐々に改善していくことをオススメします。

 

それでは、この記事は以上です!

もっと詳しく話を聞きたいって方は、コメントやTwitterでDMしてみてください!

 

それでは、次の記事をお楽しみに!!

-人生

© 2020 金・時間・スキルなし。それでも、プログラミングを勉強したい。 Powered by AFFINGER5