人生

【頭の中をのぞいてみよう!】嫌味を言う人、負け惜しみをする人編

【頭の中をのぞいてみよう!】嫌味を言う人、負け惜しみしている人編

負け惜しみをイメージさせる画像

あなたの周りに嫌味を言ってくる上司や友達いませんか?

例えば、

●あなたが素敵な彼氏をゲットしたとき。

会社員(男)
どんな彼氏なの??どうせすぐ別れるよ。

 

●あなたに幸せなことが起こった時に

会社員(女性)
幸せって長くは続かないよね。

などなど。

嫌味のバリエーションの数はたくさんありますよね。

私もこれまで、数々の嫌味を言われてきました。。(ほんと、人間って素直になれませんよね。)

 

そして、嫌味と負け惜しみってなんだか似ていますよね。

本日は、彼ら、彼女らの頭の中をのぞいてみたいと思います!!

 

嫌味を言う人、負け惜しみを言う人の頭の中

これらの人達は、

自分の脳内で矛盾と戦っています。

例えば、

●あなたに彼氏ができた

会社員(男)
オレには、恋人がいない。恋人がいることが幸せだとは思っていないが、幸せそうな顔を見ていると羨ましい。

しかし、羨ましい自分を素直に受け止めきれません。

そのため、あなたを否定することで、自分の中で矛盾を解消しようとするのです。

 

●あなたに幸せなことが起こった時

会社員(女性)
随分と幸せそうね。私も、幸せになりたい。でも、今の生活に幸せを感じることができない。

しかし、自分が幸せではないと信じたくない。

そのため、あなたに嫌味を言うことで、自分の心の平静を保っているのです。

 

これは、心理学用語で、認知的不協和と呼ばれています。

人はこの認知的不協和が生じると、行動や態度などの認知要素を変化させて、不協和をできるだけ減らそうします。

この認知的不協和を明らかにしたのは、フェスティンガーらの実験からです。

 

●フェスティンガーの実験

実験参加者に対してとてもつまらない仕事をさせた。

そして、その仕事を次の実験者に面白いと伝えてくれと依頼をした。

 

1つ目のパターン  20ドルをもらう。

2つ目のパターン  1ドルしかもらえない。

 

1つ目のパターンの実験者は、

20ドルという正当な報酬をもらっているため、

「嘘をついた。」

と認識できるが、

 

2つ目のパターンの実験者は、

1ドルという少額の報酬しかもらえなかったため、

嘘をついた自分と、1ドルという正当でない報酬から”矛盾”が発生し、

「実は、面白い仕事だったのではないか。」

と評価してしまう。

 

嫌味をいう人、負け惜しみを言う人への対策

ようするに、嫌味を言う人はかわいそうな人である可能性が非常に高いです。

自分が現在の生活に満足していないか、なにかしらあなたを羨ましいと思っているからこそ、嫌味、負け惜しみが生まれます。

 

この事実を知ったあなたは

嫌味を言う人に少し、優しくなれませんか??

 

もはや、なってください。

その人は、そういった嫌味を言わないと生きていけない人間なんです。

 

あなたの幸せのためにも、残念な人だな。と無視するのが得策ですよ。

-人生

© 2020 金・時間・スキルなし。それでも、プログラミングを勉強したい。 Powered by AFFINGER5