人生

ネガティブ思考な人は仕事ができない。理由と対策について。

ネガティブ思考な人は仕事ができない。理由と対策について。

仕事ができないをイメージさせる画像

ネガティブ思考の人は仕事ができないかどうか気になっていませんか??

結論から述べると

ネガティブ思考の人は仕事ができない傾向にあります!!

 

もちろん、ネガティブ思考だから必ずしもできないというわけではありません。

今回の記事では、この理由について解説していこうと思います。

 

この記事を読んだあなたは次のようなメリットを得ることができます。

メリット

・ネガティブ思考の人が仕事ができない理由がわかる。

・ネガティブ思考の人が仕事ができるようになる手段について理解できる。

それでは、目次です。

 

目次

1.ネガティブ思考の人は仕事ができない。

2.ネガティブ思考の人は仕事ができない。を改善する。

3.最後に。ネガティブについて。私の見解。

1.ネガティブ思考の人は仕事ができない。

ネガティブ思考の人は仕事ができない。というのはいったいどういったことなのか。

分かりやすく説明するために、超絶ネガティブ会社員A君の例を参考にみていきましょう!!

また、私がこの話の中で

”注意ポイント”

という欄を設けております。ここでは、ネガティブによって仕事ができなくなる理由を解説しておりますので、自分はそうでないか確認してみてください!

それでは、超絶ネガティブ会社員A君の一日を見ていきましょう!!

 

超絶ネガティブ会社員A君の一日

超絶ネガティブ会社員A君の朝は早く、毎朝6時に起床します。

会社員(男)
あーあー。今日も仕事か。やりたくないな。今日も上司に怒られるんだろうな。

毎朝が憂鬱で仕方がない。会社にぎりぎり間に合う時間までベッドの上でぐだぐだしてしまいます。

注意ポイント

朝にネガティブなことを考えてしまうと1日の作業効率が減少するという研究がなされています。

 

そして、ようやく閑念したのか、超絶ネガティブ会社員A君は会社にベッドから起き上がり会社にいく準備をします。

手早く準備を済ませて会社にむかいます。

 

会社についた超絶ネガティブ会社員A君はみなさんに小さな声であいさつをします。

会社員(男)
おはようございます。

すると、上司が近づいてきてこのようなことを言われます。

上司「A君!!昨日提出してくれた書類なんだけど、ミスが多い。しっかりと確認作業を怠らないようにしなさい!確認作業ができない人間はいつまでたっても役にたたないから。自分自身の成長にもつながらないよ!しっかりね!」

会社員(男)
は、はい。申し訳ございませんでした。すぐに訂正して再度提出させていただきます。

しかし、A君この書類はしっかりと確認作業をしたはず。なんで、間違ったのだろう。これ以上ミスをすると部署移動、最悪の場合クビにされるかもしれないな、、確認の時間もっと増やそう。。

注意ポイント

上司にクビにされるのではないか。見捨てられるのではないかとびくびくすることで、確認時間を大幅にとってしまう。そのため、簡単な仕事でも多くの時間を費やしてしまう。

 

そして、超絶ネガティブ会社員A君は確認作業とその書類の訂正作業を終了させて、次の業務に移行します。

しかし、ここで自分が受け持っている業務の多さに整理ができていません。

会社員(男)
あ、この書類明日までに提出だ。でも、こっちの仕事も今日中に終わらせなかったら、上司にぐちぐち言われそうだな。納期は長いけど、上司の目も気になるし、こっちからしよ。。

注意ポイント

上司に嫌われないかおびえているため、仕事の優先度をつけ間違える。

 

そして、なんやかんやで超絶ネガティブ会社員A君の就業時間が終わりました。

会社員(男)
就業時間終わったけど、仕事まだ残っているな。この仕事納期明日までだし、、明日やればいいけど、明日できるかな。心配だから今のうちにやっておこ。

その仕事は思ったよりも難しく、苦戦してしまいます。ようやく、仕事を終えた時にはもう夜の11時。

会社員(男)
早く家に帰ろう。

バタバタと帰り支度をして急いで会社を飛び出します。

注意ポイント

仕事が片付かないせいで、ついつい遅くまで残業してしまう。夜遅くまで残ってしまったせいで次の日の仕事の準備をしないまま会社からでてしまう。

 

家についた超絶ネガティブ会社員A君は、慌ててでてきた会社に仕事を残していないのか。なにか間違いをしていないのか。心配になります。

会社員(男)
あの書類ちゃんと提出できているかな。そういえば、あそこの電気消し忘れたような。。

そんなことを考えていたら心が休まりません。忘れて今日は寝ようと夜ごはんをたべ、お風呂に入り就寝します。

注意ポイント

心配症のために、家に帰ってからも仕事のことを考えてしまう。そして、仕事のことで頭がいっぱいになりちゃんと休むことができない。

また、明日の準備をせずに寝てしまっているために、明日の朝ばたばたしてしまい。また、忘れものがなかったか心配になってしまう。

 

~完~

 

いかがでしたでしょうか??

超絶ネガティブ会社員A君はこのように、ネガティブであるため仕事ができずに、私生活も充実できていません。

それでは、これらの注意ポイントを踏まえてどのように改善していけばよいのか次の章で述べていきたいと思います。

 

2.ネガティブ思考の人は仕事ができない。を改善する。

まずは、超絶ネガティブ会社員A君のネガティブの話であった注意ポイントに沿って解説していきます。

朝にネガティブなことを考えてしまうと1日の作業効率が減少するという研究がなされています。

朝にネガティブなことを考えると、脳がダメージを受けてしまうためこれからの仕事に影響を及ぼすという研究がなされているように、朝からネガティブ思考に陥るのは大変危険です。

さらに、みなさんも知っての通り、月曜日の朝が一番自殺者が多いとされています。それも踏まえて、朝ネガティブ思考に陥るのは大変危険な行為です。

では、どのようにこれを改善していけばよいのでしょうか??

 

それは、前日の夜にしっかりと準備をしておくこと。

が解決方法になります。

朝どうしても、仕事のことでネガティブになってしまう人は前日の夜に明日することを6つだけ優先順位を決めて寝てください。(6つのやることリスト)

そうすることで、次の日の朝のネガティブを大幅に削減することができます。

また、

朝に決断の回数を減らす。

という手段も大変効果的です。

朝、やることが多いと、憂鬱度合いは増していきます。

ですので、前日に着る服、仕事の準備、準備する手順をすべて決めておきましょう!!

それらを習慣化する方法については、私が教えるよりもDaigoさんが書かれているこの習慣化の本を読み、実行することで、

習慣化できるようになっていきます。

 

上司にクビにされるのではないか。見捨てられるのではないかとびくびくすることで、確認時間を大幅にとってしまう。そのため、簡単な仕事でも多くの時間を費やしてしまう。

ネガティブな人は心配症である可能性が高いです。

そのため、行き過ぎたネガティブが周りの目を気にすることで、これ以上失敗できない。と自分を追い込んでしまうという結果につながります。

そのため、確認作業に通常の2倍くらいの時間を割いてしまうため、周りの人よりも仕事ができないと判断されてしまうのです。

 

さらに、確認時間を多くすることで確認ミスが防げるようになるわけではありません。

人の2倍の時間をかけて確認作業をしたのに、確認漏れが生まれてくる。このような事態が起こってしまいます。

確認ミスを減らすための方法は時間を増やすのではなく、

 

自分が以前間違えた部分をまとめておくこと。

が重要になってきます。誰しも必ず1回は間違えるものです。確認ミスについてもはじめから完璧な書類を作れる人はなかなかいません。

だからこそ、間違えたものはしっかり対策をしましょう。

この間違いまとめを間違いチェック表として手元においておくことにより、間違える可能性はぐーーんと下がります。

もし、そんな時間ないよ。

という方がいらっしゃるなら、よく考えてみてください。

2倍も確認作業している時間があるなら、間違いチェック表を作る時間くらいありますよね??

一度、作ってしまえば、あとは確認する部分をピックアップできるため前よりもスムーズに確認作業をすることができるようになりますよ!!

 

上司に嫌われないかおびえているため、仕事の優先度をつけ間違える。

こちらは、朝にネガティブなことを考えてしまうと1日の作業効率が減少するという研究がなされています。

で述べているように、夜寝る前に6つ仕事でやるべきことを優先順位とともに書く。(6つのやることリスト)ということで解決することができます。

 

~6つのやることリストの書き方の例~

①報告書を書く

②書類を提出する

③上長に捺印をもらう

④提出書類の訂正作業

⑤プレゼンに資料作成

⑥メール返信

今回はとても簡単な仕事内容を書きましたが、このような風に6つのやることリストをたてます。

「6つって少なくない??」

と感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、実際、6つ以上1日に作業するのは意外と難しいです。

とりあえず、6つの優先順位をたててそれが終わったのなら、別の仕事をすればいいですし。

ここで重要なのは、

6つに絞る

ということです。

あれもこれも。と考えてしまうと仕事が手につかなくなるもの。だからこそ、6つだけに絞ることによって自分がやるべき仕事が明確になり、取り掛かるのが圧倒的に早くなりますよ!!

 

仕事が片付かないせいで、ついつい遅くまで残業してしまう。夜遅くまで残ってしまったせいで次の日の仕事の準備をしないまま会社からでてしまう。

ここまで、改善案を出してきました。これまでの改善案を行動してくださったあなたは残業をなかなかしない人間になっていることでしょう。

残業をする理由の一つに

「心配だから」

というものがあります。

しかし、きちんと自分がやるべき仕事を把握できているとするならば、心配になることも少なくなります。

 

そして、これまで私が出してきた改善案をすると同時にダメ押しでこちらもやっていきましょう。

6つのやることリストにチェックを入れてちゃんと終わったのか確認する。

 

こちらはフィードバックです。もし、終わっていないのであればなぜ終わらなかったのか、無駄な時間はなかったかよく考えてみてください。

そうすることにより、自分が無駄にしている時間を把握することができるため、時間をより効率的に使うことができるようになります。

 

また、少し話がそれますが、時間を効率的に使うことができるようになる方法の1つとして。

机の上に何も置かない。

 

というものがあります。

机の上にやるべきことをたくさんポストイットに貼っている人がいますが、そういった人は実は大変非効率であります。

 

ポストイットをパソコンに貼っているとそのことに集中力がそがれてしまうために、現在取り掛かっている仕事に集中ができません。さらに、次の仕事があると焦ってしまうために、仕事の質も低下してしまいます。

より、集中力が高まる、仕事効率が高まる環境にするためには、机の上には何も置かないことが重要になってきます。

 

 

心配症のために、家に帰ってからも仕事のことを考えてしまう。そして、仕事のことで頭がいっぱいになりちゃんと休むことができない。

ここまでこの記事を読んでくださったあなたならお分かりだと思いますが、

6つのやることリストを書くこと

 

でこちらの問題も解消することができるようになります。

仕事は仕事、私生活は私生活と分けて考えるようにしましょう。

私生活でリラックスできないよ。という方はメンタル面に問題があるかもしれませんので、その場合は私に相談するか、これまでの私の記事を読んでみてください。

関連ページはこちらです。

参考自分に嘘をついてはいけない。自分に嘘をついてしまうと...

続きを見る

参考うつ改善のための食事は、毎日食べる”あれ”を少し変えるだけ!

続きを見る

参考心を強くする。そのためにすることはとても簡単なことだった。

続きを見る

 

また、今後もこのような記事を書いていきますので、ブックマークをしておくと便利ですよ。(できるだけ毎日更新をするように心がけています。)

 

最後に。ネガティブ思考について。私の見解。

ここまで、ネガティブ思考の人は仕事ができないという風に、ネガティブ思考は悪いものである。と感じた方多いのではないかなと思います。

しかし、私の見解では、

必ずしも悪いことではない。

 

と思っています。ですから、この記事ではネガティブ思考の治し方ではなく、仕事ができないについて改善方法を提示しました。

ネガティブ思考であるがゆえに、発見できる物事や、そのとらえ方があると思います。

人と違う視点を持てるあなたは実は優秀な人間かもしれません。(化学的には”クリティカルシンキング”といって批判的にものごとをみることのことを指す)

 

ただし、

自分の生活がネガティブ思考によって楽しくない。

ということであれば、ネガティブ思考を改善することをオススメします。

私、自身とてもネガティブで、人生が真っ暗であったため、あらゆる方法でネガティブ、うつ、自律神経失調症を克服してきました。

そのため、現在の人生は今までで一番楽しいです。

だからこそ、私は、そんな方々の支えになりたい。と思ってこのブログを運営しております。

自分に無理せずに生きたいという方は是非私に相談してみてくださいね。

もし相談する勇気がないという方はこれから投稿する私の記事を読んで少しずつ一緒に改善していきましょう!!

 

この記事はこれで以上です。

次の投稿をお楽しみに!!

-人生

© 2020 金・時間・スキルなし。それでも、プログラミングを勉強したい。 Powered by AFFINGER5